【施工事例】川口市料理屋お座敷畳表替え工事施工例

本日行わせていただきました、川口市の料理屋さんのお座敷畳表替え工事施工例をご紹介いたします。

使用した材料はこちら。

dsc02635

 

 

 

 

 

 

畳表は銀虎が自信を持っておすすめしている早川猛さんの織る「ひのさくら」

早川猛さんは、京都相国寺などの畳を手掛ける織り手で、熊本八代では畳界のレジェンドと呼ばれる人物です。

畳縁は、お客様のご希望で「浮」シリーズのNo24です。

仕上がりはこのようになりました。

dsc02651 dsc02654 dsc02646

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

い草の香りと仕上がりの美しさで、お客様には大変喜んでいただけました。

早川猛さん畳表は「絞り目」といって、通常よりも一目一目を絞って織っているため畳の凸凹がはっきりしており、特に美しい仕上がりとなります。しかし、「絞り目」の畳表の織り手は非常に少なく、大変希少な畳表となっています。

大切なおもてなしの空間づくりのお手伝いをさせていただけたことに感謝いたします。

本日はどうもありがとうございました。

弊社の営業範囲は、さいたま市・川越市・上尾市・春日部市・戸田市・志木市・蕨市・越谷市など弊社周辺地域をはじめとする埼玉県全域、茨城県(水戸市、ひたち市、鹿嶋市、土浦市、古河市をはじめとする全域)、栃木県(宇都宮市、小山市、栃木市、矢板市をはじめとする全域)、群馬県(前橋市、高崎市、太田市をはじめとする全域)、千葉県(野田市、流山市、柏市、松戸市、木更津市、館山市、銚子市をはじめとする全域)など北関東全域となっております。

営業範囲外でも個別にご対応させていただける場合も多々ございますので、お気軽にご連絡ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA