【お知らせ】新柄畳縁のご紹介

本日、新柄畳縁の見本が届きました。

~八千代シリーズ~です。

 

 

 

 

 

 

弊社では、畳工事施工の際には、約1000種類の畳縁からお客様にご自由に畳縁をお選びいただいておりますが、今日より新たにこちらの16種類が仲間入り!

これらの柄にはこのような意味があるそうです

・角通し:江戸三大小紋の一つと呼ばれている柄(江戸三大小紋…鮫、角通し、行儀)

・蜻蛉:「カチムシ」と呼ばれ「勝ち」に通じていたため、武具の模様として好まれた柄

・松:冬でも落葉せず風雪に耐えるため、長寿の象徴とされた縁起の良い柄

・渦:エネルギーの象徴とされ、神仏の頭紙に似ていることから魔除けの意味も持つ柄

・千鳥格子:群れを成して荒波を乗り越えていくことから、縁起が良いとされた柄

・雪の輪:雪は天からの手紙とされ、豊作の兆しと信じられ、縁起が良いとされた柄

・流水:日本では水は古来より神聖なものとされ、流れる水を優美に表した柄

 

銀虎は、お部屋のイメージにぴったりな畳縁と、美しい畳表を使った、価値ある畳替えをお届けします!!

 

弊社の営業範囲は、さいたま市・川越市・上尾市・春日部市・戸田市・志木市・蕨市・越谷市など弊社周辺地域をはじめとする埼玉県全域、茨城県(水戸市、ひたち市、鹿嶋市、土浦市、古河市をはじめとする全域)、栃木県(宇都宮市、小山市、栃木市、矢板市をはじめとする全域)、群馬県(前橋市、高崎市、太田市をはじめとする全域)、千葉県(野田市、流山市、柏市、松戸市、木更津市、館山市、銚子市をはじめとする全域)など北関東全域となっております。

営業範囲外でも個別にご対応させていただける場合も多々ございますので、お気軽にご連絡ください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA