【施工事例】川越市H邸新畳入替~畳の下の床が傷んでいました・・・~

昨日行わせていただきました、川越市H邸の新畳入替工事施工例をご紹介いたします。

使用した材料はこちら。

畳表:熊本八代産「ひのさくら」(織り手:上本修久)

畳縁:大宮縁 鯔背No60


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

上本修久さんが織った畳表は、銀虎が自信をもってお勧めしています!!

仕上がりはこのようになりました。


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当初、表替えでなんとかならないか・・・と考えていましたが、畳を上げると床が傷んでいるほどの状態(お客様と一緒に確認させていただきます!)

極力、あるものを活かす工事をお勧めする私ですが(既存の床を補修しながら表替え施工)今回は、新畳入替工事にて対応させていただきました。

畳表、畳縁いずれもご満足いただき、特に畳縁の柄が「品があり素敵!」ととても気に入っていただけました!やはり、お好みの柄を使用することはとても大切ですね。。改めて、そう感じる瞬間でした。

年月の経過とともに、改めてこの畳表の良さを実感していただけると思っています。このたびはどうもありがとうございました。

銀虎facebookはこちら→ 銀虎facebook

弊社の営業範囲は、さいたま市・川越市・上尾市・春日部市・戸田市・志木市・蕨市・越谷市など弊社周辺地域をはじめとする埼玉県全域、茨城県(水戸市、ひたち市、鹿嶋市、土浦市、古河市をはじめとする全域)、栃木県(宇都宮市、小山市、栃木市、矢板市をはじめとする全域)、群馬県(前橋市、高崎市、太田市をはじめとする全域)、千葉県(野田市、流山市、柏市、松戸市、木更津市、館山市、銚子市をはじめとする全域)など北関東全域となっております。

営業範囲外でも個別にご対応させていただける場合も多々ございますので、お気軽にご連絡ください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA