川越市N邸新畳入替え工事施工例(寸法取り)

川越市N邸にて施工させていただきました新畳入替工事の施工例をご紹介いたします

「表替えしてからそんなに年数は経過していのに畳の上を歩くとフカフカする」

というお客様からのご相談がありました

お部屋に伺うと、確かに畳表はとても品質の良いものがついているのですが、畳床(畳の芯)が経年劣化でだいぶ傷んでいたのでその旨ご説明すると、「畳床を交換したい」とのご要望があり、今回新畳入替え工事を施工する運びとなりました。

畳表替え工事と大きく異なるのはお部屋の「寸法取り」を行うことです。家具の移動は弊社で行いますのでご心配ありません。

001ADSC_0136

 

あっという間にこんな状態になります

 

 

002ADSC_0125

 

採寸はこの様に行います

 

 

003ADSC_0134

 

タンスの後ろの埃は普段のお掃除ではなかなか取り除けません。タンス移動で大掃除も捗ります

 

 

 004ADSC_0122

 

 

 

このデータをもとに自社に戻って畳を作成します。

寸法取りの手法は様々です。お部屋の状況により最善の方法で寸法取りをさせていただきます。

 

 

弊社の営業範囲は、さいたま市・川越市・上尾市・春日部市・戸田市・志木市・蕨市・越谷市など弊社周辺地域をはじめとする埼玉県全域、茨城県(水戸市、ひたち市、鹿嶋市、土浦市、古河市をはじめとする全域)、栃木県(宇都宮市、小山市、栃木市、矢板市をはじめとする全域)、群馬県(前橋市、高崎市、太田市をはじめとする全域)、千葉県(野田市、流山市、柏市、松戸市、木更津市、館山市、銚子市をはじめとする全域)など北関東全域となっております。

営業範囲外でも個別にご対応させていただける場合も多々ございますので、お気軽にご連絡ください。