畳工事の種類のご紹介

畳工事の種類のご紹介です。【畳工事】には大きく3つの種類があります。

①畳表替え

畳床(畳の芯の部分)はそのままで、畳表を新しいものに替えることを「表替え」といいます。擦れ、破れ、黒茶の色焼けが目立つようになったら表替えのサインです。

また、現在畳と畳の間や敷居と畳の間に隙間がある場合も、表替えをすることで、その隙間を埋めることができます。

②裏返し

現在使用している畳の畳表を裏返して畳を縫い直すことを「裏返し」といいます。

新しい畳を敷きこんだ後、裏側は表側に比べて光を受ける量が少なく褪色が遅れます。このため、裏側の褪色が進んでしまう前に、裏返しをすれば一枚の畳表をきれいに長くご使用頂けます。

ただしお客様の費用対効果の点から、現在使用している畳の品質がよいもの(弊社の場合、ひのさやかクラス以上)で、畳表替え工事施工後3年目程度までの場合にお勧めできる工事です。

③新畳入替え

数年おきに表替え、裏返しを数回繰り返していくうちに交換されないままの畳床は経年劣化によりその限界に近づいていきます。

畳の上を歩いて「デコボコ」が気になったり、「柔らかい」と感じるようになったら新しい畳床に取替えのサインです。畳床が痛んでいると畳表の痛みも早くなります。

 

畳に関して何か気になる点がございましたらお気軽に弊社までご連絡ください

 

 

弊社の営業範囲は、さいたま市・川越市・上尾市・春日部市・戸田市・志木市・蕨市・越谷市など弊社周辺地域をはじめとする埼玉県全域、茨城県(水戸市、ひたち市、鹿嶋市、土浦市、古河市をはじめとする全域)、栃木県(宇都宮市、小山市、栃木市、矢板市をはじめとする全域)、群馬県(前橋市、高崎市、太田市をはじめとする全域)、千葉県(野田市、流山市、柏市、松戸市、木更津市、館山市、銚子市をはじめとする全域)など北関東全域となっております。

営業範囲外でも個別にご対応させていただける場合も多々ございますので、お気軽にご連絡ください。